【コラーゲン】皮膚に届きやすい「コラーゲンペプチド」。飲む時間も気を付けて。

【コラーゲン】皮膚に届きやすい「コラーゲンペプチド」。飲む時間も気を付けて。

コラーゲンはオールインワンや美容液など、基礎化粧品に入っていて「塗る」イメージですね。

もちろん塗るタイプのコラーゲンもよいのですが、「飲むコラーゲン」も研究が進んできて、いろいろなタイプのものが発売されています。

もあ美

体の内側からもコラーゲンを取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

ランキング参加中 にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ

なぜ50代くらいになると老化が進んでしまうのか

皮膚のしわやたるみ、といった症状が目に見えて進んでしまうのは40代後半~50代。
それには理由がありました。

体内で生成されるコラーゲンは20代から毎年1~1.5%ずつ減少し、50代に到達したころには約半分、50%ものコラーゲンが失われている状態なのだそうです。

そのために肌に弾力がなくなり、筋力も低下することもあって老けた印象になってしまうのです。

美れい

肌だけでなく、関節にもコラーゲンは必要ですね。

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違い

どちらもほぼ同じアミノ酸で構成されています。

  • コラーゲン
    …分子が大きい。そのため体内に入り込みにくい。
  • コラーゲンペプチド
    …分子が小さい。そのため体内に吸収されやすい。

「コラーゲンペプチド」は「加水分解コラーゲン」「低分子コラーゲン」とも言われます。

こと美

低分子コラーゲンは、よくサプリメントの表示にありますね。

動物性由来と魚由来

コラーゲンペプチドの原料には動物性由来と魚由来があります。

  • 動物性
    …お手頃価格

  • 動物性よりも吸収性が高い

失われたコラーゲンを補給する

この減少してしまうコラーゲンを経口摂取から補うことができます。

コラーゲンペプチドが経口摂取で皮膚まで届く参考文献はこちらです。

飲む時間

寝る前が吸収がよいようです。

もあ美

吸収のよい時間を選んで摂取しましょう。

合わせて飲みたい成分

ビタミンCも合わせて取りましょう。

コラーゲン繊維は三重らせん構造を形成した後、成熟コラーゲンになる。ビタミンCは、三重らせん構造を作る酵素の働きを助けるのだそうです。

コラーゲンペプチド製品の形状

各社からいろいろな製品が出ていますが、ここでは形状のみ掲載します。

液体

「コラーゲンドリンク」と言われているものです。
ドラックストアで1本、というよりも通販でセットで売られている場合が多いです。

液状が一番体内に取り込みやすいとも言われています。

粉末

ドラッグストアでも手に入りやすく、コーヒーなどの飲み物にまぜて摂取する方が多いです。

錠剤

いわゆる「サプリメント」。錠剤のものや、タブレットものなどがあります。

まとめ

コラーゲンには「コラーゲンペプチド」という分子の小さいものが、体内に吸収されやすく、また年齢とともに減少してしまうので、外部からの摂取が必要だということがわかりました。

別記事でどんな商品があるのか紹介していこうと思います。

ランキング参加中 にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ

スポンサーリンク