【ビタミンC誘導体】進化型APPSが一番良いの?水溶性・油溶性との違い

2020年10月14日

【ビタミンC誘導体】進化型APPSが一番良いの?水溶性・油溶性との違い

ビタミンC誘導体化粧水など、ビタミンC誘導体が入っている基礎化粧品は多いですね。

実は水溶性・油溶性・進化型があり、自分の用途によって使い分けした方がよいこともあるようです。

もあ美

ではひとつずつ、どんな特長があるか見てみましょう

スポンサーリンク

ランキング参加中 にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ

誘導体って何?

ビタミンCには抗酸化作用(活性酸素によって酸化を抑えること)がありますが、生の状態だと不安定になるため、「誘導体」という形に加工して化粧品に使用しています。

では誘導体になると何がいいのか、

  • 角質層への透過を良く
  • 肌に吸収されてからメラニン色素に近い距離でビタミンCに変化する
  • 効果が持続する

誘導体はいいことばかりですね。ではどんな種類があるのでしょうか。

水溶性ビタミンC誘導体

特長
  • 即効性があり、短期間で皮膚に吸収される。
  • 化粧水に使われることが多い。
成分
  • リン酸アスコルビルナトリウム
  • リン酸アスコルビルマグネシウム  など
美れい

リン型、リン酸型という表記があれば、ほぼ水溶性で間違いないです。
さっぱりした使い心地です。ニキビ肌にも効果あり!

油溶性ビタミンC誘導体

特長
  • ビタミンCに油分を結合させたもの。
  • クリームやジェルに使われることが多い。
成分
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • テトラリン酸アスコルビル  など
こと美

クリームや美容液は油溶性が多く、乾燥を防ぐことができます。

進化型ビタミンC誘導体

特長
  • アプレシエ・APPSとも呼ばれている。
  • ビタミンCをいかにお肌の深部まで供給させるかを目的に開発されたもの。
  • 従来の100倍もの浸透率と言われており、コラーゲンの生成やしみ、しわにアプローチが可能
成分
  • パルミチン酸アスコルビン酸3Na  など

他の新型もありますが、商品に「パルミチン酸アスコルビン酸3Na」と書いてあれば、APPSが入っていることになります。

もあ美

浸透率が高いですが、肌が乾燥するという口コミも多いですね。
パウダーのビタミンCを精製水に混ぜるタイプのものもあります。

どれを使えばいいの?

ビタミンC誘導体の製品を調べてみると、お値段的には

水溶性 < 油溶性 < 進化型

という感じですね。

一番効果が出そうな進化型APPSの商品ですが、乾燥してしまうという口コミが多くみられました。
それよりも高濃度の水溶性の方が効果的という声も。

確かに市販の商品のAPPSだと濃度は1%で、水溶性は10%ものもあります。

まとめ

ビタミンC誘導体の種類の違いがわかりましたね。

どの商品が良いのかはまた後日記事にまとめたいと思います。

ランキング参加中 にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ

スポンサーリンク