【頭皮の肌バリア】成分を知って頭皮を守る!アミノ酸系シャンプーの成分とは?

【頭皮の肌バリア】成分を知って頭皮を守る!アミノ酸系シャンプーの成分とは?HAIR
にほんブログ村 美容ブログ ナチュラルビューティーへ 

シャンプーの洗浄成分を気にしたことはありますか?

洗浄成分によっては頭皮に負担のかかるものもあり、フケやかゆみ、抜け毛の原因になることがあります。

さら長期間使うことで50歳前後で薄毛に悩まされることもあるので、成分を見極めながら、自分に合うシャンプーを使っていきましょう。

もあ美

シャンプーの成分の見方を知っているだけで、シャンプー選びに困らなくなりますよ!

スポンサーリンク

頭皮や髪にやさしい洗浄成分はアミノ酸

洗浄成分の中で、頭皮と髪にやさしいのは、アミノ酸シャンプーです。

石鹸系は髪がギシギシしやすく、高級アルコール系は洗浄しすぎて保湿できず、カサカサになりがちになります。

原材料の表記の順番で成分を知ろう

原材料は配合量の多い順番に書かれています。
そのため、一番目の表記は「水」です。

2番目に多い成分に注目していきましょう。

原材料の2番目に書かれている成分に注目!

水の次に多い成分が2番目に書かれています。アミノ酸シャンプーとうたっていても、アミノ酸成分がもし3番目に書かれていたら、それは「アミノ酸も含まれているシャンプー」というだけで、アミノ酸シャンプーではないことになります。

アミノ酸シャンプーと間違えやすい洗浄成分

石鹸系洗浄成分

下記のものが2番目に表記されているものは、石鹸系となります。

  • カリ石けん素地
  • ラウリン酸K
  • オレイン酸K
  • ミリスチン酸K

高級アルコール系洗浄成分

下記のものが2番目に表記されているものは、高級アルコール系となります。
ちなみにこれは現在の表記で、以前は「石油系界面活性剤」と言われていた成分です。

  • ラウリル硫酸
  • ラウレス硫酸
  • スルホン酸

アミノ酸シャンプーの成分

アミノ酸シャンプーにも種類があり、複数のアミノ酸が混ざっている場合もあります。

アスパラギン酸系

  • ラウロイルアスパラギン酸Na など

グルタミン系

  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ココイルグルタミン酸TEA など

タウリン系

  • ラウロイルメチルタウリンNa
  • ココイルメチルタウリンNa など

アラニン系

  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルメチルアラニンTEA など

グリシン系

  • ラウロイルサルコシンNa
  • ココイルサルコシンNa
  • ココイルグリシンK など

あのシャンプーはどんな成分?

人気のシャンプーはこんな成分ですよ♪

BOTANIST ボタニスト ダメージ ケア シャンプー

我が家の定番シャンプーです。

ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNaなどが主成分のようです。

髪の毛がしっかりしてくる感じがします。

もあ美

ボタニストはドラッグストアで簡単に購入でき、特にダメージケアシリーズは、どんな髪質の方にも合うようです。

バイタリズム(VITALISM) スカルプケア シャンプー for WOMEN

母が使っているシャンプーです。しっかり洗った感もあるけれど、地肌も髪もしっとりするそうです。

コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸2Naなどが入っています。

もあ美

頭皮にやさしい成分のようです。

ハホニココラシルク 18シャンプー

持続性シルクポリマーで使用感のよいシャンプーです。

ココイル加水分解コラーゲンK、ココイルグリシンK、ココイルメチルアラニンNaなどが入っています。

もあ美

若干、お値段が張りますが、納得の使い心地です。

まとめ

洗浄成分がアミノ酸なのかどうかは、しっかり調べる必要がありそうです。

アミノ酸といってもいろいろな種類があるので、ある程度のアミノ酸の名前を知っておくだけでも、購入時に迷わなくなりそうですね。

頭皮に負担にならないシャンプーを使っていきたいと思います。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました